十三湖: 中島遺跡

  青森県歴史観光案内所五所川原市:歴史・観光・見所十三湖>中島遺跡

概要・歴史・観光・見所
中島遺跡(十三湖)概要: 案内板によると「 十三湖の北西部に浮かぶ約10ヘクタールの小島に位置する奈良時代の遺跡である。土師器には、杯、壷、甕が出土しており、津軽地方における奈良時代の標識資料となっている。一説には、一三湖周辺は文献資料に見られる「有間浜」の比定地の1つに数えられている。」とあります。昭和28年(1953)に早稲田大学の桜井清彦(日本の考古学者、早稲田大学名誉教授)によって本格的な調査が行われ「青森県十三村中島発見の土師器」や「十三湖中島遺跡出土の土器」などが発表されています。昭和58年(1983)と昭和60年(1985)に市浦村(現在の五所川原市)教育委員会の調査では柱穴状ピット14個や土師器、上記の遺物など奈良時代の遺跡が発見され「市浦村十三・中島遺跡発掘調査報告書」や「市浦村十三・中島遺跡発掘調査報告書(第二次)」が報告されています。

中島遺跡:写真

[ 付近地図:青森県五所川原市 ]・[ 十三湖:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。