今別町: 正行寺

  青森県歴史観光案内所津軽半島>正行寺(今別町)

概要・歴史・観光・見所
正行寺(津軽半島・今別町)概要: 高徳山正行寺の創建は天和3年(1683)釈浄閑律師(弘前市:京都東本願寺の直末寺である法涼山円明寺の住職頼英の次男尋道の孫、京都市:東本願寺14世琢如上人の直弟子)によって開かれたのが始まりと伝えられています。境内正面にある松は推定樹齢300年以上、龍が南天に飛翔しているように見えることから"飛翔の松"と呼ばれています。本堂は木造平屋建、入母屋、鉄板葺、妻入、桁行7間、正面1間軒唐破風向拝付、外壁は真壁造、白漆喰仕上、腰壁は下見板張、縦押縁押え。鐘楼は入母屋、鉄板葺。山号:高徳山。宗派:真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。

正行寺(今別町):写真

[ 付近地図:青森県今別町 ]・[ 津軽半島:歴史・観光・見所 ]
正行寺 正行寺 正行寺 正行寺

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。