八戸市: 更上閣

  青森県歴史観光案内所八戸市:歴史・観光・見所>更上閣

概要・歴史・観光・見所
更上閣(八戸市)概要: 案内板によると「 更上閣母屋は、1897(明治30)年に、明治から昭和初期にかけて、呉服商、醤油の製造・販売業や繊維工場及び泉山銀行を設立し、その経営等で財を成し、東北を代表する財閥となった泉山家宅邸として建築された。建築彫刻の一種「蟇股(かえるまた)」や、上に向って反った形の梁「虹梁(こうりょう)形」など社寺建築独特の技法が随所に取り入れられている。大正8年頃、改築により来客接待用広間及び二階和室が増築されたものとみられている。更上閣門は、1919(大正8)年ごろの建築。石材を中心に築かれ、両側の通用口を脇障子風に扱い、頂部笠木の先端部に反りをつけ鳥居のように見せている点に特徴がある。」とあります。更上閣主屋は明治30年(1897)に建てられ、大正8年(1919)に座敷棟を主屋に対して雁行形に増築したもので、木造平屋建(一部2階建)、入母屋、鉄板葺、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、建築面積373u、明治時代に建てられた近代和風建築の遺構で意匠にも優れ、「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から平成15年(2003)に国登録有形文化財に登録されています。更上閣門は大正8年(1919)に建てられたもので石造、間口2.7m、左右袖塀付、「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成15年(2003)に国登録有形文化財に登録されています。

更上閣:写真

[ 付近地図:青森県八戸市 ]・[ 八戸市:歴史・観光・見所 ]
更上閣 更上閣 更上閣 更上閣
更上閣 更上閣 更上閣 更上閣

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。