弘前市: 石場家住宅

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>石場家住宅

概要・歴史・観光・見所
石場家住宅(弘前市)概要: 石場家は代々弘前藩の出入商人で「清兵衛」を世襲し屋号「マルセ」を掲げ主に藁製品を取り扱っていました(現在は酒、タバコの販売)。弘前城に隣接し亀甲門向かいの四辻に面している敷地であることなどから大きな影響力があったと思われます。現在の建物は18世紀前半に建てられたものを19世紀初頭にこの地に移築したと推定されるもので木造平屋建て(1部2階建て)、入母屋(東と北側の突出部は切妻)、柾葺、妻入り、桁行15.5間、梁間22間、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、南面と西面の道路側には雪国特有の「こみせ」(現在のアーケードに似ていますが、土地はあくまでも個人所有)が取り付けられています。内部は1例目は向って左からミセ(土間)、ミセ、コザシキ、カミザシキ(移築後に増築、床の間、違い棚付の格式の高い意匠)、2列目はジョイ、ナカノマ、3列目はダイドコロ、ナンド、主屋の背後には土蔵(切妻、鉄板葺、妻入、白漆喰仕上げ)が配され、正面のミセ(土間)から土蔵まではトオリニワで繋げられています。又、チョウナで仕上げた構造材や釘などを使わず指物を使用するなど古式が継承されています。石場家住宅は弘前市内に数少ない江戸時代中期に建てられた町屋建築の遺構として大変貴重な存在で、当時の豪商の生活の一端が分かる建物として板塀1棟(延長5.3m、鉄板葺、こみせ付属)と共に昭和48年(1973)に国指定重要文化財に指定されています。

石場家住宅:写真

[ 付近地図:青森県弘前市 ]・[ 弘前市:歴史・観光・見所 ]
石場家住宅 石場家住宅 石場家住宅 石場家住宅

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。