弘前市: 旧藤田家住宅(太宰治まなびの家)

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>旧藤田家住宅(太宰治まなびの家)

概要・歴史・観光・見所
旧藤田家住宅(弘前市)概要: 案内板によると「 この建物は、大正10年(1921)に建てられた「中廊下型住宅」といわれるものです。通り土間が建物内を縦断し、北側の台所や小部屋と南側に居間(常居、個室など)を配列する平面の形式で、大正時代に誕生した新しい住宅様式として貴重なものです。また、旧制官立弘前高等学校に通学した津島修治(のちの太宰治)が、昭和2年から5年まで止宿した家でもあり、居間となった2階の奥の部屋から往時を偲ぶことができます。」とあります。旧藤田家住宅大正10年(1921)に、碇ヶ関村長宅の木材を利用して建てられた建物で木造2階建(一部下屋付)、切妻、妻入、鉄板葺、外壁は真壁造り、土壁塗仕上げ、腰壁は縦板張り、建築面積202.25u、延床面積241.07u、大正時代に建てられた「中廊下型住宅」の遺構として貴重な事から棟札(1枚)と共に平成18年(2006)に弘前市指定有形文化財に指定されています。当初、旧藤田家住宅は約100m南東にありましたが、現在地に移築保存される事となり現在は太宰治まなびの家として一般公開され太宰治の資料(太宰が使用した机、茶箪笥、写真、パネル)や太宰の部屋(6畳間、押入、縁側、出窓付)などが展示、見学出来ます。

旧藤田家住宅:写真

[ 付近地図:青森県弘前市 ]・[ 弘前市:歴史・観光・見所 ]
旧藤田家住宅 旧藤田家住宅 旧藤田家住宅 旧藤田家住宅

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。