弘前学院外人宣教師館

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>弘前学院外人宣教師館

概要・歴史・観光・見所
弘前学院外人宣教師館概要: 弘前学院は明治19年(1886)に本多庸一(日本メソジスト教会初代館監督旧東奥義塾塾長)の尽力によって開校したキリスト教プロテスタント系の学校です。外人宣教師館は明治39年(1906)メソジスト派の婦人宣教師の宿舎として建てられたもので設計施工は櫻庭駒五郎(クリスチャン棟梁、元々の設計はアメリカのメソジスト本部で駒五郎が手直したとも言われています。)が担当したと言われています。木造2階建て、寄棟、金属板葺き、外壁じゃ下見板張り、ペンキ仕上げ、建築面積158.9u、南西隅の八角形状尖塔が印象的な建物です。縦長の上げ下げ窓の採用や、鎧戸、軒下の持ち送り、蛇腹、ファンライト風の半円形の欄間、特徴的な棟飾り、基礎の石積、煉瓦積煙突など当時の洋風建築の要素を取り入れています。弘前学院外人宣教師館は東北地方の優れた洋館の1つして貴重な存在で昭和53年(1978)に国指定重要文化財に指定されています。昭和55年(1980)に弘前市中瓦ケ町から現在地に移築保存され現在は資料館として一般公開されています。

弘前学院外人宣教師館:写真

[ 付近地図:青森県弘前市 ]・[ 弘前市:歴史・観光・見所 ]
弘前学院外人宣教師館 弘前学院外人宣教師館 弘前学院外人宣教師館 弘前学院外人宣教師館

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。