弘前市: 旧青森尋常中学校

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>旧青森尋常中学校

概要・歴史・観光・見所
旧青森尋常中学校(弘前市)概要: この建物は明治26年(1893)に青森尋常中学校として建てられたもので設計は堀江佐吉、棟梁は川元重次郎が担当しています。その後、(旧制)弘前中学校、青森県立弘前高校の校舎を経て、昭和33年(1958)の新校舎完成を機に取り壊す予定でしたが、卒業生などが解体を惜しみ校舎の中央部のみが残され「鏡ヶ丘記念館」として保存、再利用される事になりました。現存する建物は木造2階建て、切妻、金属板葺き、外壁は横板張りオイルステイン塗装仕上げ、延床面積571u、付属舎111u、縦長の上げ下げ窓を採用するなど洋風建築の要素と取り入れながら、当時流行った華美な装飾が施されている擬洋風建築とは異なり素朴ある意味学校建築とは相応しい意匠になっています。残された部分の内部は1階が図書室(20坪)、事務室(11坪)、校長室(11坪)、応接室(5坪6合)、受付(5坪6合)、玄関、2階が講堂(7間×8間半、59坪)、一年級教場(20坪)で現在は資料の展示室や当時の教室の再現などが行われています。東北地方で尋常中学校の校舎の遺構は非常に少なく福島県尋常中学校本館(福島県郡山市)と当校舎の2例しかなく青森県内最古の木造学校建築としても貴重な存在で棟札1枚と共に平成5年(1993)に青森県重宝に指定されています。

旧青森尋常中学校:写真

[ 付近地図:青森県弘前市 ]・[ 弘前市:歴史・観光・見所 ]
旧青森尋常中学校 旧青森尋常中学校 旧青森尋常中学校 旧青森尋常中学校

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。