旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)

概要・歴史・観光・見所
旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)概要: この建物は大正6年(1917)に旧第八師団長官舎として建てられたもので設計は堀江彦三郎(堀江佐吉の長男)が担当しています。戦後はアメリカ軍が接収し、軍政官官舎として使用され昭和26年(1951)に弘前市に払い下げられ弘前市長公舎として整備されています。その後、昭和33年(1958)に弘前市役所の新築工事に伴い半分以上が解体され、昭和34年(1959)残された部分を曳きやにて移動し改修保存される事になりました。旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)は木造平屋建て、袴腰型屋根、桟瓦葺き(1部金属板葺き)、平入り、建築面積156.56u、桁行8.5間,梁間5.5間、外壁はモルタル仕上げで屋根にはドーマ(3箇所)、縦長の上げ下げ窓、構造体が見えるハーフティンバー風などの洋風建築の要素を取り入れています。玄関周りは特に意匠が富んでいて正面性を強調しています。内部は応接室、会議室(洋風格天井、壁白漆喰、腰壁、縦嵌板張)、控室(洋室、天井白漆喰)、和室2室(一方は近代和風の床の間付、両部屋とも縁側付き、船底天井)、台所で構成されています。旧第八師団長官舎は大正時代に建てられた洋風上級官舎の遺構として貴重で「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から平成15年(2003)に国登録有形文化財に登録されています。又、平成20年(2008)に弘前市の「趣のある建物」に選定されています。

旧第八師団長官舎(弘前市長公舎):写真

[ 付近地図:青森県弘前市 ]・[ 弘前市:歴史・観光・見所 ]
旧第八師団長官舎 旧第八師団長官舎 旧第八師団長官舎 旧第八師団長官舎

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。