黒石市: 金平成園

  青森県歴史観光案内所黒石市:歴史・観光・見所>金平成園

概要・歴史・観光・見所
金平成園(黒石市)概要: 金平成園は、実業家で政治家だった加藤宇兵衛が高橋亭山(弘前藩庭園守護役)に以来して作庭した大石武学流庭園です(凶作による失業者対策)。明治15年(1882)に作庭を開始して完成したのは明治35年(1902)、その間弟子である小幡亭樹や池田亭月などが引き継いでいます。現存する数少ない大石武学流庭園の1つで規模や作風などが良好で、当時の主屋(明治時代建築)が残っている事で建物と庭園の関係性が非常に分かることでも貴重な庭園とされ平成18年(2006)に国指定史跡名勝天然記念物に指定されました。



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。