五所川原市: 飯詰八幡宮

  青森県歴史観光案内所五所川原市:歴史・観光・見所>飯詰八幡宮
五所川原市の見所
 ・ 旧平山家住宅
 ・ 飯詰八幡宮
 ・ 長円寺
 ・ 法林寺
 ・ 大泉寺
 ・ 八幡宮
 ・ 旧楠美家住宅
 ・ 布嘉屋
 ・ 斜陽館
 ・ 雲祥寺
 ・ 南台寺
 ・ 照蓮寺
 ・ 金木八幡神社
 ・ 旧西澤家住宅
 ・ 新座敷
 ・ 金木代官所
 ・ 賽の河原
 ・ 十三湖
 ・ 山王坊遺跡
 ・ 日吉神社
 ・ 十三湊遺跡
 ・ 福島城
 ・ 唐川城
 ・ 鏡城
 ・ 浜の明神遺跡
 ・ 春日内観音堂
 ・ 中島遺跡
 ・ 靄山
 ・ 松倉神社
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
飯詰八幡宮(五所川原市)概要: 飯詰八幡宮の創建は弘治元年(1555)大房村の領主樺澤団右エ門が勧請したのが始まりと伝えられています。樺澤団右エ門が死去すると一時荒廃しましたが承応元年(1652)飯詰本村の鎮守社として再興され、参拝に不便なことから宝永2年(1705)に現在地に遷座し元々あった愛宕宮と合祀し、安永3年(1774)に飯詰組27ケ村の祈願所に指定されています。愛宕宮と合祀してからは上愛宕宮と称していましたが明治4年(1871)に八幡宮と社号を改称し愛宕宮を合祭する形式に変更、明治6年(1875)に石田坂村白山姫神社を遷座し郷社に列しています。明治7年(1876)には神官である松野博が拝殿を利用し寺子屋を開設しています。現在の本殿は宝暦元年(1751)に再建されたもので一間社流造、茅葺、木鼻や虹梁など細部には繊細な彫刻が施されています。飯詰八幡宮本殿は江戸時代中期の当地方の神社本殿建築の遺構として貴重な存在で平成6年(1994)に青森県重宝に指定されています。拝殿は昭和52年(1977)に改築されたもので入母屋、銅板葺、平入、桁行5間、正面1間向拝付。例祭:旧暦6月14日。祭神:譽田別尊、天照皇大神、軻遇突智命。
飯詰八幡宮
[ 付近地図: 青森県五所川原市 ]・[ 五所川原市歴史観光案内所 ]・[ 神社 ]
飯詰八幡宮 飯詰八幡宮 飯詰八幡宮 飯詰八幡宮
青森県・歴史・観光

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。