つがる市: 旧高谷銀行本店

  青森県歴史観光案内所つがる市:歴史・観光・見所>旧高谷銀行本店

概要・歴史・観光・見所
旧高谷銀行本店(つがる市)概要: 高谷銀行は明治25年(1892)、当地域の大地主だった高谷一族が株式会社高谷銀行を設立し創業した地域銀行で、その後は盛農薬商会倉庫として利用されています。現在の旧高谷銀行本店の建物は大正時代初期に堀江組が設計施工し堀江豊吉と堀江竹次郎が中心となって建てられたもので木造2階建、寄棟、妻入、鉄板葺、建築面積91u、外壁はモルタル、ペンキ仕上げ、基礎石積。正面屋根上部には大型なドーマが設えられ屋根が半円形で開口部上部がファンライト(半円形の欄間)、両側の化粧柱上下には細かな飾りが付いています。玄関両脇にはギリシャ神殿風の円形の化粧柱が2階屋根軒下まで伸びていて1階開口部(縦長の上げ下げ窓)上部にはファンライト風の半円形の中には細かな浅彫が施され象徴的な建物になっています。2階部の開口部(縦長の上げ下げ窓)上部と1階玄関部上部の小庇はペディメント風の三角屋根でそこにも細かな意匠が見られます。旧高谷銀行本店は大正時代に建てられた数少ない銀行建築の遺構として貴重で「再現することが容易でないもの」との登録基準を満たしている事から平成15年(2003)に国登録有形文化財に登録されています。

旧高谷銀行本店:写真

[ 付近地図:青森県つがる市 ]・[ つがる市:歴史・観光・見所 ]
旧高谷銀行本店 旧高谷銀行本店 旧高谷銀行本店 旧高谷銀行本店

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。