三戸町: 三戸大神宮

  青森県歴史観光案内所三戸町:歴史・観光・見所>三戸大神宮
三戸町の見所・旧跡
 ・ 三戸城
 ・ 龍川寺
 ・ 法泉寺
 ・ 観福寺
 ・ 糠部神社
 ・ 佐瀧本店
 ・ 佐瀧別邸
 ・ 旧第九十銀行
 ・ 三戸大神宮
 ・ 毘沙門天堂
 ・ 門住稲荷神社
 ・ 関根の松
 ・ 関根の清水
 ・ 長栄寺
 ・ 斗内稲荷神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
三戸大神宮・歴史・観光・見所
三戸大神宮概要: 三戸大神宮の創建は元亀元年(1570)伊勢神宮(三重県伊勢市)の分霊を著木山山頂に勧請したのが始まりと伝えられ寛永6年(1629)に参拝が容易な現在地(毘沙門館:盛岡藩士藤枝宮内の屋敷)に遷座しています。歴代領主である南部氏に武運長久の祈願所として崇敬され、南部家が三戸城から九戸城(岩手県二戸市)、盛岡城(岩手県盛岡市)に移った後も信仰が続き、明和元年(1764)には奥山左衛門(南部藩御普請奉行)が藩費により社殿と神楽殿を再建し、文化9年(1826)には盛岡藩の12代藩主(南部38代)南部利済が大神輿と御紋幕を奉納しています。三戸郷総鎮守として民衆からも広く信仰され検断役だった川村惣太郎が盛岡に三戸の惨状を伝え減税処置と市の開設を嘆願した故事から境内には市神が創建され、惣太郎が腰掛けて悩んだとされる「思案の石」に祈願すると念願成就すると伝えられています。又、三戸大神宮祖霊社である旧熊野山廊巌寺正智院には寛永8年(1631)に24歳で死去した南部利康(27代当主南部利直の4男)の位牌(法名「龍巖薀公大禅定門霊位」と「寛永八辛夫天」「十一月廿一日」が刻まれています。)があり昭和33年(1958)に青森県重宝に指定されています。現在の社殿は昭和62年(1987)に再建されたもので拝殿は切妻、銅板葺、平入、正面1間向拝、本殿は一間社、神明造、銅板葺。祭神:天照皇大神。例祭:9月13日。
三戸大神宮
[ 付近地図: 青森県三戸町 ]・[ 三戸町歴史観光案内所 ]
三戸大神宮 三戸大神宮 三戸大神宮 三戸大神宮
青森県・歴史・観光

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。