南部町: 長谷十一面観音堂(恵光院)

  青森県歴史観光案内所南部町:歴史・観光・見所>長谷十一面観音堂(恵光院)

概要・歴史・観光・見所
長谷十一面観音堂(南部町)概要: 長谷十一面観音堂は恵光院の境内に建立されている建物で桁行3間、梁間3間、宝形造、鉄板葺(元茅葺)、外壁は真壁造、横板張り、建築年は不詳ですが何度か改修を繰り返し、現在は正面に1間の向拝が付けられています。内部は奥1間が内陣で外側2間が外陣、当初はそれぞれが格子戸によって区切られ本尊の十一面観音像が安置されていたそうです。長谷十一面観音堂は昭和55年(1980)に南部町指定有形文化財に指定されています。糠部三十三観音霊場の旧(観光上人)第三十三番札所。現在(寺西上人)は第22番札所。本尊の十一面観音像は平安時代初期から中期にかけて彫刻された古仏で現在、恵光院の奥之院に安置され昭和33年(1958)に青森県重宝に指定されています。

長谷十一面観音堂(恵光院):写真


長谷十一面観音堂 長谷十一面観音堂 長谷十一面観音堂 長谷十一面観音堂

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。