弘前昇天教会聖堂

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>弘前昇天教会聖堂

概要・歴史・観光・見所
弘前昇天教会聖堂概要: 弘前昇天教会聖堂は明治29年(1896)、チャペル師がキリスト教の伝道をしたのが始まりとされ明治33年(1900)にリムック師によりキリスト教の講義所が設けられました。現在の建物は大正10年(1921)に当時の神父シャーリ・H・ニコルス司祭(アメリカ人宣教師)の尽力により建てられたもので設計はジェームズ・ガーデナー、施行は林緑が担当しています。ジェームズ・ガーデナーはアメリカ人建築家で築地居留地に立教大学校の開校に尽力し弘前昇天教会教会堂をはじめ京都聖ヨハネ教会教会堂や聖アグネス教会、日光真光教会などの教会建築や各国の大使館の設計に携わっています。弘前昇天教会聖堂は煉瓦造平屋建て(屋根構造は木造小屋組み、一部2階建)、切妻、妻入り、鉄板葺、外壁はイギリス積み(長手だけの段と小口だけの段を交互に積む工法)、控え壁を外壁側に張り出し(バットレス)ています。全体をゴシック様式を基調とし正面の丸窓には十字架を模したキャタフォイル(四葉)の意匠、尖塔状の鐘付きにはトレフォイル(三葉)アーチにする事でキリスト教の概念の1つである三位一体を表現しているそうです。弘前昇天教会聖堂は青森県内で数少ない煉瓦造教会建築の遺構として貴重な存在で平成5年(1993)に青森県重宝に指定されています。

弘前昇天教会聖堂:写真


弘前昇天教会聖堂 弘前昇天教会聖堂 弘前昇天教会聖堂 弘前昇天教会聖堂

青森県(ホーム)
スポンサーリンク

弘前昇天教会聖堂:周辺・一覧


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。