最勝院:青森県弘前市

 青森県:歴史・観光・見所(ホーム)>最勝院
【 概 要 】最勝院は天文元年(1532)に常陸国(現在の茨城県)出身の弘信僧都によって創建された寺院です。創建当初は津軽家の本城だった堀越城の城下町(現在の青森県弘前市萩野)にありましたが慶長14年(1609)に新たに弘前城が築かれ城下町が整備されると天文元年(1611)に弘前城の鬼門にあたる地(現在の青森県弘前市田町:弘前八幡宮の隣地)に境内を移し高野山の高僧として知られる宥観によって改めて開山しています。弘前城の鬼門鎮護、歴代弘前藩主である津軽家の祈願所として篤く帰依され、寺領300石が安堵されると共に真言宗五ヶ寺(「最勝院:田町」・「百澤寺:現在の岩木山神社:弘前市百沢」・「国上寺:平川市碇ヶ関」・「橋雲寺:弘前市植田・「久渡寺:弘前市坂元」)に数えられ、僧録所として藩内の寺社総取締役でもあり12ヶ寺の塔頭寺院を擁する津軽藩内随一の大寺院に発展しました。隣接する弘前八幡宮とは神仏習合し別当寺院として祭祀と司ってきましたが、明治時代に入ると神仏分離令の執行により弘前八幡宮とは分かれ、同じく津軽家の祈願所として繁栄した大円寺も神仏分離令の煽りを受け、大鰐温泉のある高伯寺の境内に移った事で、明治3年(1870)に最勝院は旧大円寺の境内、所謂現在地に移りました。その為、現在見られる古建築の多くが旧大円寺時代の堂宇とされます。中でも五重塔は江戸時代初期の寛文7年(1667)に建てられたもので大円寺6世の京海が発願し3代藩主津軽信義と4代藩主津軽信政の帰依を受けています。特に日本最北端に位置する五重塔としても知られ、明治時代には「實ニ東北地方第一ノ美塔ナリ」の評価を受け、国指定重要文化財に指定されています。

[ 賽の河原(恐山・川倉・今泉・深浦・仏ヶ浦) ]・[ 奥入瀬渓流・薬研渓流・赤石渓流・くろくまの滝 ]・[ 弘前城:日本三大桜名所 ]・[ 青森県の温泉街(浅虫・大鰐・恐山・温湯) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 岩木山神社(神社100選) ]・[ 恐山菩提寺(名刹巡礼 古寺100選) ]・[ 最勝院(名刹巡礼 古寺100選) ]
※ このサイトは「ぴあレジャーグループ」の「名刹巡礼古寺100選」で選定された寺院を取り上げています。ただし、写真は独自に撮影し、内容自体は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考に編纂しています。相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、写真や文章のコピーは遠慮してください。御理解の程よろしくお願いします。