十和田市: 旧笠石家住宅

  青森県歴史観光案内所十和田市>旧笠石家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧笠石家住宅(十和田市)概要: 笠石家は古くからこの地に土着し農業を中心に営んでいたとされます。現在の建物は江戸時代中期から後期に建てられたもので木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入り、桁行20.8m、梁間10.3m、直屋、基礎は礎石に直接柱を立てる工法が採用されています。内部は大広間のようになっていますが南から「じょい」、「だいどころ」、「まや」の3つ分かれていて、天井が無く、板敷きで壁も板壁となっています。細部には手斧削り(チョウナ仕上)の跡が見られ江戸時代後期の建物としては随所に古い要素も見られます。又、馬屋である「まや」の構造が他の部分と異なる為、元々は別棟だった可能性もあり南部曲屋の発生の元となる建物としても注目されています。旧笠石家住宅は江戸時代後期に建てられた当地方の典型的な農家建築として昭和48年(1973)に国指定重要文化財に指定されています。
スポンサーリンク

旧笠石家住宅:写真


旧笠石家住宅 旧笠石家住宅 旧笠石家住宅 旧笠石家住宅


青森県(ホーム)

スポンサーリンク

旧笠石家住宅(十和田市):周辺・観光

旧笠石家住宅
旧笠石家住宅
稲荷神社
稲荷神社
カトリック教会
カトリック教会
十和田湖
十和田湖
奥入瀬渓流
奥入瀬渓流

奥入瀬渓流:見所

スポンサーリンク

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。