下北半島(むつ市): 清澤寺

  青森県歴史観光案内所むつ市下北半島>清澤寺

概要・歴史・観光・見所
清澤寺(むつ市)概要: 月照山清澤寺は案内板によると「清澤寺は、田名部円通寺直末寺として、寛文2年(1662)円通寺6世大休善遊和尚が開山した。境内には高さ7メートルの慈眼観世音像や、創建330年を記念して奉納した石像三十三体観世音が安置されている。又、寺宝として木彫十大王、脱衣婆、並びに10世?山大道和尚彫刻の薬師如来等が安置されている。 下北観光協議会」とあります。山門は切妻、桟瓦葺、一間一戸、四脚門。本堂は入母屋、銅板葺、平入、桁行8間、正面1間軒唐破風向拝付、向拝木鼻には象と獅子、欄間には龍、懸魚には鳳凰の精緻な彫刻、外壁は真壁造白漆喰仕上げ。田名部海辺三十三観音霊場第2番札所。宗派:曹洞宗。本尊:如意輪観音像。
スポンサーリンク

清澤寺:写真


清澤寺 清澤寺 清澤寺 清澤寺


青森県(ホーム)

スポンサーリンク

清澤寺(下北半島):周辺・観光・見所


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。