下北半島(むつ市): 旧大湊ホテル

  青森県歴史観光案内所むつ市下北半島>旧大湊ホテル

概要・歴史・観光・見所
旧大湊ホテル(むつ市)概要: 当建物は大正7年(1918)に創業した大湊興業株式会社が大正8年(1919)に大湊ホテルとして建てた建物で、大正10年(1921)にホテルとして開業しています。木造2階建、切妻、洋瓦葺、平入、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は石積、開口部は縦長の上げ下げ窓、屋根には唐破風のドーマ、軒飾りなど当時の洋風建築の要素が取り入れられています。基本的に外観正面は中央の玄関から左右対称で、玄関と左右両端が前に張り出し、妻面部にハーフティンバーを模した意匠を取り入れ、2階を若干後ろに下げ下屋庇風に2重屋根にする事で正面性を演出しています。内部は向背の両端が中庭を取り囲むように大きく張出したコの字型の平面で、1階には事務室、食堂、会議室、洋室、撞球室(ビリヤード場)などがあり2階には和室の宿泊室(往時は19部屋)や談話室などが設けられました(改修後:現状)。昭和43年(1968)の十勝沖地震で大きな被害を受け、その後営業を再開するものの、昭和60年(1985)に閉館しました。現在は大湊興業の創業者に因み「鈴木誠作記念館」として改修、整備されています。旧大湊ホテルは大正時代に建てられた大型宿泊施設建築として貴重な事から平成9年(1997)にむつ市指定有形文化財(建造物)に指定され、平成19年(2007)に経済産業省の「近代化産業遺産」に選定されています。
スポンサーリンク

旧大湊ホテル:写真


旧大湊ホテル 旧大湊ホテル 旧大湊ホテル 旧大湊ホテル


青森県(ホーム)

スポンサーリンク

旧大湊ホテル(下北半島):周辺・観光


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。