黒石神社

  青森県歴史観光案内所黒石市:歴史・観光・見所>黒石神社
黒石市の見所
 ・ 高橋家住宅
 ・ 鳴海家住宅
 ・ 中村酒造
 ・ 佐藤酒造
 ・ 黒石陣屋
 ・ 浄仙寺
 ・ 法眼寺
 ・ 薬師寺
 ・ 来迎寺
 ・ 遠光寺
 ・ 黒石神明宮
 ・ 白山姫神社
 ・ 黒石神社
 ・ 稲荷神社
 ・ 温湯温泉
 ・ 第1消防部屯所
 ・ 第2消防部屯所
 ・ 第3消防部屯所
 ・ 金平成園
 ・ 九戸家住宅
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
黒石神社概要: 黒石神社の創建は寛文2年(1662)、黒石津軽家の祖とされる津軽信英が弘前城で死去すると黒石陣屋東南の隅に廟を建立して埋葬したのが始まりと伝えられています。東南は裏鬼門にあたる為、弘前城と津軽家の菩提寺である長勝寺と同様な位置関係になります。明治時代に入り黒石陣屋が廃城になると旧家臣達は藩祖の遺徳を偲び明治12年(1879)に神祭願いを県令に提出、現在地に社殿を造営して信英の御霊を遷座しています。その際、黒石陣屋の大手門近くにあった廟門を移築し江戸時代の建築物としては唯一の遺構となっています。その後、黒石神社は郷社に列し更に明治15年(1882)には県社に昇格しています。社宝も多く御神刀と呼ばれる金梨子地牡丹紋散蒔絵衛府太刀拵がが昭和49年(1974)に青森県重宝に指定されている他、藩祖信英公書状、御神刀太刀、釣燈籠2基、石燈籠2対、津軽信敏建立の石碑、藩祖信英公頌徳碑が黒石市指定文化財に指定されています。拝殿は入母屋、鉄板葺、平入、正面1間向拝付、本殿は入母屋、平入、正面軒唐破風。祭神:津軽十郎左衛門信英の霊。例祭:7月22日。

黒石神社の文化財
・ 金梨子地牡丹紋散蒔絵衛府太刀拵−11代藩主津軽承叙奉納−青森県宝
・ 藩祖信英公書状−明暦2年−信英から弘前藩家老津軽百助宛−黒石市指定
・ 御神刀太刀−鎌倉中期〜後期−古備前、正垣作−黒石市指定
・ 釣燈籠−延宝2年−透六角釣燈籠−信英十三回忌に家臣奉納−黒石市指定
・ 石燈籠(2対)−2代津軽信敏と5代津軽著高が奉納−黒石市指定
・ 津軽信敏建立の石碑−寛文3年−信敏が信英の墓碑として建立−黒石市指定
・ 藩祖信英公頌徳碑−正徳元年−3代政たけが廟所前に建立−黒石市指定
・ 神門−廟門を移築、切妻、鉄板葺、一間一戸、四脚門−黒石市指定

黒石神社
[ 付近地図: 青森県黒石市 ]・[ 黒石市フィールドワーク ]・[ 青森県:神社 ]
黒石神社 黒石神社 黒石神社 黒石神社
黒石神社 黒石神社 黒石神社 黒石神社
青森県・歴史・観光

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。