弘前市: 熊野奥照神社

  青森県歴史観光案内所弘前市:歴史・観光・見所>熊野奥照神社

概要・歴史・観光・見所
熊野奥照神社(弘前市)概要: 熊野奥照神社の創建は崇神天皇67年(紀元前31年)に勧請されたのが始まりと伝えられています。斉明天皇4年(658)には阿部比羅天がこの神社を崇敬、 熊野三所大権現を勧請し物部安麿が小田山の地に社殿を建立、延暦7年(789)に比羅賀洲王が奥尾崎(中泊町小泊地区付近)から扇野庄(今の弘前)に遷座しました。延暦21年(801)に桓武天皇により社殿が再建され社号を高岡神社とし延暦24年(804)に陸奥国高岡熊野神社となりました。室町時代後期から津軽氏の崇敬社となり、天正16年(1588)には津軽為信が社殿を修築、慶長15年(1610)には弘前藩(藩庁:弘前城)2代藩主津軽信枚が社殿を再建し、天保13年(1842)には11代藩主津軽順承が拝殿を再建しています。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され社号を熊野奥照神に改称、明治6年(1873)に郷社、明治13年(1880)に県社に列しています。現在の本殿は慶長15年(1610)に再建されたもので三間社流造、こけら葺き、素木造り、正面3間向拝付、細部の彫刻や組物など江戸時代前期の神社本殿建築の特色をよく残している貴重な建物として昭和29年(1954)に国指定重要文化財に指定されています。又、社宝である蕨手刀(奈良時代作、全長63.5cm、柄の長さ13.5cm、反り2.4cm)が青森県重宝に指定されている他、石造狛犬(寛文4年:1664年奉納、像高約60cm、像長55cm、笏谷石製)と熊野奥照神社板碑(建武元年:1334年建立、安山岩製、高さ83cm、金剛界五仏を示す種子)がそれぞれ弘前市指定有形文化財に指定されています。祭神:伊邪那岐神、伊邪那美神。例祭:7月15日。
スポンサーリンク

熊野奥照神社:写真


熊野奥照神社 熊野奥照神社 熊野奥照神社 熊野奥照神社


青森県(ホーム)

スポンサーリンク

熊野奥照神社(弘前市・神社):周辺・一覧

その他:周辺・一覧

スポンサーリンク

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。