八戸市: 小田八幡宮(根城:北方守護神)

  青森県歴史観光案内所八戸市:歴史・観光・見所>小田八幡宮(根城:北方守護神)

概要・歴史・観光・見所
小田八幡宮(根城:北方守護神)概要: 小田八幡宮は青森県八戸市小田に鎮座しています。小田八幡宮の創建は平安時代後期の天喜年間(1046〜1057年)、鎮守府将軍源頼義が陸奥国の北方鎮護の守護神として毘沙門天(四天王の1人、須弥山の北方に位置する天敬城の城主だった事から北方を守護するとして信仰された。)を勧請し毘沙門堂を建立したのが始まりと伝えられています(又は源氏の氏神である八幡神=誉田別命の分霊を勧請し八幡社を創建したとも)。又、伝承によると文治4年(1188)に平泉(岩手県平泉町)から源頼朝の追討を逃れてきた源義経一行が高館山に居を構えると毘沙門堂に毘沙門天像(胎内には八幡像が安置)を奉納したとも云われ義経北方逃避の伝説の舞台となっています。小田八幡宮には毘沙門天像の他、義経が奉納したとされる大般若経の写経(約11m)と経箱(縦60cm、横120cm、高さ90cm、6箱)も伝えられています。南北朝時代の建武元年(1334)、南部師行によって根城が築かれると小田八幡宮の境内は根城から見て北方に位置し源氏縁の神社ということもあり北方守護神とされ、歴代根城南部家、八戸南部家から崇敬庇護されました(南部家は甲斐源氏の一族で氏神として八幡神を信仰しました)。小田八幡宮は古くから神仏混合していましたが仏教的要素が強くなり天和年間(1681〜1683年)には天台宗の福田山徳城寺という寺院として認識されていましたが、明治初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され社号を小田八幡宮と改め正式な神社として独立し明治6年(1873)に村社に列しています(御神体だった毘沙門天像の胎内仏である八幡神像を取り出し新たな御神体とし、毘沙門天像は新たに造営した毘沙門堂に移された)。例祭:9月15日。御祭神:誉田別命。

現在の小田八幡宮表門は江戸時代末期の弘化2年(1845)から嘉永7年(1854)に徳城寺の仁王門として建てられたもので入母屋、三間一戸、八脚単層門、銅板葺(元柿葺)、昭和48年(1973)に八戸市指定有形文化財に指定されています。又、小田八幡宮は社宝も多く、旧本尊だった毘沙門天像(享保3年:1718年、津要玄梁により補修)をはじめ千風庵百々評俳諧献額(宝暦3年:1753年、東北各地から集められた俳句を千風庵百々が選評した72句が収められた献額)、欄間(黒塗り、縦112本、横5本の格子:根城南部家の祈願所だった東善寺から移されたとも?)が八戸市指定有形文化財に指定されています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板亀甲葺き、平入、正面千鳥破風、桁行5間、正面1間軒唐破風向拝付き。本殿は一間社流造、銅板葺き。
スポンサーリンク

小田八幡宮:写真


小田八幡宮 小田八幡宮 小田八幡宮 小田八幡宮
小田八幡宮 小田八幡宮 小田八幡宮 小田八幡宮


青森県(ホーム)

スポンサーリンク

小田八幡宮(八戸市):周辺・観光・見所

スポンサーリンク

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。