深浦町: 森山海岸

  青森県歴史観光案内所深浦町:歴史・観光・見所>森山海岸
深浦町の見所・旧跡
 ・ 円覚寺
 ・ 見入山観音堂
 ・ 太宰の宿
 ・ 弁天島
 ・ 御仮屋
 ・ 神明宮
 ・ トヨの水
 ・ 猿神鼻岩洞門
 ・ 日本キャニオン
 ・ 大岩海岸
 ・ 行合崎
 ・ 千畳敷
 ・ 森山海岸
 ・ 森山城
 ・ 賽の河原
 ・ 北金ヶ沢のイチョウ
 ・ 北金ヶ沢古碑群
 ・ 関の甕杉
 ・ 関の古碑群
 ・ 鳥居崎
 ・ 十二湖
 ・ 青池(十二湖)
 ・ 大間越関所
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
森山海岸(深浦町)概要: 森山海岸にはガンガラ穴という森山の絶壁にあいた奥行き50m、高さ10mほどの海蝕洞があり、内部には蝙蝠が群棲しています。ガンガラ穴には6〜8月にかけて、周辺の民宿から小船が出て見ることが出来ます。岬の先端に位置する「賽の河原」は様々な伝承や伝説、言い伝えが残る民間信仰の地で現在でも数多くの小石を積んだ供養塔が建立され信仰の篤さが感じられ深浦町指定史跡に指定されています。森山城(茶右衛門館)は深浦町指定史跡に指定されている中世の山城で、慶長18年(1613)に弘前藩2代藩主津軽信牧の命で笹森勘解由に攻められ落城、その際、城主小野茶右衛門の娘千鶴姫は将来を約束した五島久三と共に身を投げたという悲しい伝説が残っています。森山海岸は岸壁とコバルトブルーの水面が対象的で日本海特有の荒波が造り上げた海蝕崖や海蝕洞、大小の奇岩が連なる影勝地で特に日本海に夕日が落ちていく様は印象に残るそうです。
森山海岸
[ 付近地図: 青森県深浦町 ]・[ 深浦町歴史観光案内所 ]
森山海岸 森山海岸 森山海岸 森山海岸
森山海岸 森山海岸 森山海岸 森山海岸
青森県・歴史・観光

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。