青森市: 善知鳥神社

  青森県歴史観光案内所青森市:歴史・観光・見所>善知鳥神社

概要・歴史・観光・見所
善知鳥神社(青森市)概要: 善知鳥神社の創建は第十九代允恭天皇の時代に鳥頭安潟の夢枕に高倉明神が立ち御告げを受けた事から祠を建立し宗像三神(市寸嶋比賣命・多岐都比賣命・多紀理毘賣命:海洋神、航海安全の神とされます。)を勧請したのが始まりと伝えられています。その後、荒廃しましたが大同2年(807)に坂上田村麻呂が東夷東征の際再建され、以来、歴代領主から崇敬されました。伝承の域を出ませんが、源義経が命の危険を察し、奥州平泉を脱出し蝦夷地を目指した際、当地を通過し善知鳥神社を参拝したと伝えられています。中世は領主である南部家から庇護され社殿の造営や改修が行われ、江戸時代に入ると弘前藩(藩庁:弘前城)藩主津軽家の祈願所となります。寛永18年(1641)には藩主の命で青森町奉行森山蔵之助が社殿を再建し社殿の改修には藩費で賄われ、青森湊を利用する船舶から境内の社叢が青々として見え、海運の目印になっていた事から「青森」という地名になったとされます。天明8年(1788)には江戸時代の紀行家で民俗学の祖とされる菅江真澄も当社を参拝に訪れ「青森」の地名に当社が関わった事を示唆しています。江戸時代当初の青森町の鎮守は毘沙門堂でしたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により廃堂になった為、善知鳥神社が明治元年(1868)に青森町鎮守神に命じられ明治3年(1873)に郷社、明治6年(1876)に県社に列し明治40年(1907)に幣帛供進社に指定され神輿渡御など青森町の祭礼の中心となっています。又、棟方志功縁の神社でもあり、幼少の頃は格好の遊び場、青年時のスケッチの場、結婚式場も当社で挙げており、社殿内部には棟方志功作の「うとう親子の図」が掲げられています。例祭:9月15日。
スポンサーリンク

善知鳥神社:写真


善知鳥神社 善知鳥神社 善知鳥神社 善知鳥神社


青森県(ホーム)

善知鳥神社(青森市):周辺・観光・見所

スポンサーリンク

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「青森県歴史観光案内所」は「青森県の歴史」、「羽州街道」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−青森県」、「日本の城下町−東北(一)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。